豊田佐吉の足跡   

トヨタ草創期の大番頭 ―西川秋次―
西川秋次
 西川秋次は、豊田佐吉の片腕として活躍した人物である。上海を中心に活躍し、佐吉の夢の実現にその生涯をささげた。
1881年(明治14)12月2日に、愛知県渥美郡二川町三ツ家、現在の豊橋市三弥町で西川重吉の次男として生れる。「重吉さの所の神童」と呼ばれるほどの秀才であった。
小学校を卒業すると先生の勧めで、愛知県立第一師範学校へ入学する。その当時の愛知県立第一師範学校は名古屋市東区にあった。そのため、秋次は時々佐吉の家を訪れている。佐吉の妻浅子が秋次の遠縁にあたるからである。その折、佐吉から事業の手伝いをすることを勧められる。
1904年(明37)に師範学校を卒業する。義務である二年間の小学校教員を勤めた後、佐吉の命により蔵前にあった東京高等工業学校、現在の東京工業大学で学ぶ。1909年7月(明治42)に修了後、佐吉の元で働くことに
なる。
若き西川秋次
妻 西川田津
 その後の秋次の人生は、失意の佐吉の境遇と重なり合いながら歩むことになる。佐吉は三井の資本による井桁商会での失敗に続き、豊田式織機株式会社においても挫折を味わう。佐吉は希望を見出せないまま、アメリカへと旅立つことになる。その時、ただ一人同行するのが西川秋次である。1910年(明治43)5月8日、日本郵船の因幡丸において渡米する。
 そのアメリカにおいて、再び希望を持つことができた佐吉は秋次をアメリカに残し、1911年(明治44)1月1日にシベリア鉄道経由で下関へ帰国した。
 だが、秋次は一人、佐吉の意を受け、2年半アメリカに滞在し調査と勉強を続けた。秋次が帰国したのは、明治から大正へと改元された大正元年12月6日であった。横浜へ着いた時には佐吉の弟、豊田平吉と佐助が出迎えに来ていた。
アメリカ洋行の時の秋次
 秋次は帰国早々、佐吉から結婚をすすめられる。相手は佐吉の恩人である、乙川村の石川藤八の隣に住む、石川又四郎の娘田津であった。結婚後の秋次と田津の新婚生活は、佐吉家族と一緒の豊田自動織布の工場の中であった。
秋次夫婦は豊田家の家族のごとく過ごした。特に、秋次は佐吉の長男喜一郎・長女愛子からは兄のように慕われた。
上海 豊田紡織廠にて機械の据付
(中央が西川秋次) 
 佐吉は1919年(大正8)に秋次を伴って、上海に渡航する。上海で豊田紡織廠をつくるためである。中国大陸へと、その事業を広げて行くのは、発明の完成とともに佐吉の夢であった。その佐吉の夢を支え、また実現に努力したのが、西川秋次という男であった。                 
 佐吉が発明と自らの夢を追っていた時、豊田紡織において、実質的に経営を取り仕切っていたのは、長女愛子の婿である豊田利三郎である。佐吉亡きあと、喜一郎は自動車の研究と生産に乗り出す。その莫大な資金を供給したのは利三郎であるが、もう一人、上海の西川秋次も喜一郎の自動車への研究と生産への資金を出し続けた。佐吉の意志を受け継いだ秋次の決断である。

西川秋次
亀崎別邸前

西川秋次・豊田利三郎
昭和12年上海にて

 第二次世界大戦の終戦をむかえ、ほとんどの日本企業が中国大陸から逃げるように帰国した。しかし、秋次は中国の国民政府に乞われ在華紡績の事実上の責任者として、1949年(昭和24)3月まで大陸にとどまる。中国大陸に繊維の技術を充分に伝えたのである。          
 帰国後は妻の田津が待つ、半田市亀崎にある秋次が建てた別邸に落ち着くことになる。名古屋の日新通商(後の豊田通商)に通うために、当初は自動車で、後には武豊線の亀崎駅から列車に乗る姿が良く見られたという。
 自動織機の発明者豊田佐吉、トヨタ自動車の創立者豊田喜一郎はよく知られているが、彼らを支えた人達は以外と知られていない。その中で最も大きな存在の一人が西川秋次である。


「豊田佐吉と知多郡岡田」その2
 豊田佐吉が愛知県知多半島の岡田に来たと裏付ける物証は残っていない。かつては佐吉を大工見習いとして雇った岡田屋に仕事の「当番表」が残されていたといわれるが今は見当たらないという。貴重な資料が失われてしまったのは非常に残念である。しかし、物証ばかりに頼るのはこのような場合は決して正しいとは言いきれない。

 明治20年の佐吉は二十歳の青年である。また、学歴も財産も特別な技術もない、全くの無名の人間である。そのような人間の記録をわざわざ残すということは考えられないことである。もし、立派な資料があったとしたら、それは偽物ではないかと疑う必要があるくらいである。
 「岡田に豊田佐吉が来たことがある。中七木綿さんの工場で織機ばかり見ていた。全然働かないので放り出された」という言い伝えの方が、ずっと信用できるのではないだろうか。
 岡田での言い伝えはこれだけではない。佐吉に関する重要な言い伝えがこれ以外にも残っている。それは山車(だし)からくりと竹内虎王の関わり、虎王と佐吉の織機研究に関する言い伝えである。

中七木綿工場の様子(大正初期と思われる)
「知多木綿発祥の地・岡田 繁栄の歴史」より

 愛知県の知多半島は全国でも有数の祭の山車が多く残っている地域である。また、その山車の多くに「山車からくり」がのせられている。岡田には3台の山車がある。その3台とも山車からくりを備えている。そのうちの一つ奥組の幸福木偶は何本もの糸で操つられ、倒立をする人形と文字書きをする人形が伝えられている。「この人形にヒントを得た竹内虎王が織機を発明したと言われている。その織機の技術を真似しようと豊田佐吉が岡田へやってきた。佐吉は虎王が創業した丸登織布に勤めたが、織機ばかりを見ていて、仕事をしなかった。そのため工場をやめさせられた」工場の名前が中七木綿と丸登織布と違ってはいるが、二つの言い伝えはいずれも佐吉の岡田での足跡を充分に語っていると言える。
 この後、豊田佐吉は1891年(明治24年5月)に「豊田式木製織機」の特許を取得する。
 また、1898年(明治31)8月には豊田式木鉄混製力織機の特許を得る。しかし、教えた側(真似をされた)の竹内虎王は豊田佐吉に遅れること六ヶ月経た、1898年(明治31)12月に特許を取得した。 
(つづく)

竹内虎王肖像写真



「豊田佐吉と知多郡岡田」その1
 豊田佐吉は力織機を発明するまで、日本各地を訪ね歩いている。豊田佐吉が訪ねたという話があちこちにある。東京、埼玉そして愛知。あるいは金沢まである。全てが事実であるかどうかは分からない。

だが、佐吉という男は発明という目的のためならどんな遠いところまでも出掛けるというような人間であった。

明治19年、故郷の敷知郡吉津村(現静岡県湖西市)を鉄道が通ることが決まった。そのため、豊田佐吉が中心に始めた勉強会「山口夜学会」をその年の12月から1年ほど休むことになった。佐吉を除くメンバーは鉄道  敷設の仕事に従事した。しかし、佐吉は一人「何か世の中のためになることをしたい」と考え、模索する日々がはじまった。織機発明のための10年間の放浪が始まったのである。明治20年頃から明治30年頃までの10年間、佐吉は何処で何をしていたか分からない部分がある。その10年の間に、日本各地を発明のヒントを得ようと歩き回ったと想像できる。

竹之内源助家門構
(現 竹之内資郎氏宅)

その内の一つが愛知県知多郡岡田である。現在の岡田は多くの蔵や古い街並みがのこる趣のある静かな町である。だが、佐吉が訪れた明治22年当時の岡田は日本有数の織物の町であった。江戸時代より続く織物工場や買継問屋が何軒もあった。中でも、竹之内源助と中島七衛門の経営する二つの工場は特に大きかった。この二つの工場はその当時大変高価であった外国製の織機を何台も持っていた。そして、彼らは従来からの国産の織機も数多く所有し、当時としては非常に大規模な工場であった。また、岡田には織機を研究している竹内虎王という先駆者がいた。

そんな情況の中、豊田佐吉は岡田の町へやってきた。しかし、何のつてもない。そこで、今まで父親の元で修行していた大工として工場の中へ入り込もうと考えた。

佐吉の目的はとにかく織機の仕組みを知ることであった。そのためには大工として工場へ入るのが手っ取り早いと考えたのである。その頃、日本で作られた織機はすべてが木で出来ていた。その結果、織機が壊れた時は大工がその仕事にあたっていた。佐吉はまず大工をたばねる仕事をしている岡田屋に入り込んだのである。佐吉は大工見習いとして入った岡田屋から中島七衛門家の中七木綿に派遣されることになった。(つづく)

佐吉が逗留したと言われる岡田屋の玄関


 「豊田佐吉と石川藤八」   
小栗 照夫

乙川綿布合資会社

 明治28年(1895)、豊田佐吉は愛知県知多郡乙川村の石川藤八の試作工場で力織機の発明に成功した。
 この時、かたわらには佐吉が故郷の静岡県の吉津村から呼び寄せた豊田利喜松、岡部類蔵、木下勇次郎の3人がいた。地元の職人も多数いた。もちろん、力織機で一番肝心のスチームによる動力の設置に努力した弟平吉もいた。そして、動力を手に入れるのに一緒に苦労した野末作蔵もその場にいたのは言うまでもない。
 佐吉のスポンサーの石川藤八は知多郡乙川村の庄屋である。藤八は庄屋として米をあつかうと同時に、塩などの海産物や綿織物もあつかっていた。特に、綿織物については出機(でばた)織布を手広く商っていた。出機(でばた)織布は1〜2台の織機を所有する家、或いは織機を貸した家へ糸を持って行き、布に織ってもらう。その布の織り賃を払い、織りあがった布をもらってくる。その布を買継問屋(大きい問屋のようなもの)へ送る。これが出機織布の仕事である。
 藤八は乙川から10数km離れた知多郡岡田村の買継問屋竹之内源助のところへ布を納めていた。竹之内源助は愛知県でも有数の買継問屋である。
 豊田佐吉は明治22年(1889)、この知多郡岡田村にいた。竹之内源助と並ぶ買継問屋であるとともに大きな織布工場でもあった中島七右衛門家に佐吉は大工見習いとして派遣されていた。だが、真の目的は外国製織機の仕組みの研究、はっきり言えば技術を盗むことにあった。この時代、誰も織機の仕組みなどを教えてはくれない。技術を盗むことはけっして悪いことではなかったのである。
 この岡田で、豊田佐吉と石川藤八の出会いがあったと考えられる。明治27年(1894)に佐吉は藤八をたよって、知多郡乙川村にやってきた。藤八は「男気」を出した。佐吉の研究のための部屋を提供するだけではなく、発明のための資金も充分与えた。
 明治30年(1897)には改良を加えた豊田式木鉄混製力織機が完成しつつあった。佐吉と藤八はその年の秋「乙川綿布合資会社」をつくることになった。資本金は6000円、織機の台数は60台と決まった。金のない佐吉のために藤八は自分の所有する土地と工場も用意した。そして、明治31年(1898)春、本格的な工場での力織機による生産が始まった。



石川藤八
 豊田佐吉を援助した石川藤八なる人物は全国的には全く知られていないが、地元では「藤八さん」といえば、年配の方なら知っている人も多い。
 石川家は代々石川藤八を名乗る庄屋の家である。そのため、戦後半田市会議員、繊維組合、商工会議所等で活躍した九代目石川藤八を知っている方がいるのである。
 佐吉と義兄弟の「ちぎり」を結び、服部兼三郎を含めた3人を「三幅対の仲」と言われたのが七代目石川藤八である。この七代目石川藤八は本名を松本市松という。佐吉と出会い、乙川綿布合資会社を設立し、日本で初めて国産の動力織機による工場を本格稼動させた。また、その後も佐吉に対して見返りを求めない援助を惜しみなく続けた。そんな人間が七代目石川藤八という人間であった。佐吉の最も初期の大恩人である。
 藤八の生まれは三重県の尾鷲であると言われている。その後知多郡亀崎町の稲生家に一時養子に入いる。そして、六代目石川藤八の養子として石川家に入る。しかし、最後まで母親の苗字と思われる松本姓を変えなかった。その結果、石川藤八家の墓とは別に自分自身で「松本氏累代之墓」を建てている。建てた直後に亡くなったようで、七代目石川藤八こと松本市松は「松本氏累代の墓」に眠っている。




Copyright All rights reserved. Handa kyodoshi kenkyukai