記事一覧

2017.06.10

 常滑市民講座 雑感

ファイル 373-1.jpg

 きょう10日は常滑市民講座の2回目だった。「新吉原遊郭をつくり支配的位置にいたのは南知多衆」を話した。

 知多半島の中程にある二つの都市は、伊勢湾を向く常滑市、三河湾を向く半田市。それぞれの中心部から中心部まで車で30分とかからないお隣さんである。但し、人間性や文化の違いは大きくある。ざっくり言えば、半田は商人気質。常滑は文化人気質が強いように思う。
 なぜだろう? 
常滑には日本六古窯の一つといわれ全国に名の知れた常滑焼があることや、伊勢神宮のある紀伊半島との交流が強く、江戸時代から名古屋の避暑地のような役割もあったことなどが遠因かもしれない。いわば都会的な何かをもっている。

 ともあれ、知多半島は全国的な著名人を驚くほど多く輩出しているが、そのほとんどは常滑地方を中心とした伊勢湾側の人ばかりだ。
 半田出身者はごく僅か。この論点では勝負にもならない。

 ぼくの講座を受講してくれている人の目も半田市の時とはちょっと違うのだ。善し悪しではない。話の中での「受ける箇所」が全く違う。半田ではしらん顔の箇所が、常滑ではどっと受けるのだ。

 車ではたった30分の物理的な距離。しかし心理的な距離はかなり長い。
 そう感じた。

 来週の講座は「演題をリクエスト」してもらった。受講生が聴きたい「知多半島のふしぎ物語」を話す予定だ。むろん、ぼくの研究していないこと、知らないことは出来ないことは通告済み。
 はたして、どんなリクエストが来るか怖いながらも楽しみである。

2017.06.01

 常滑市民講座

ファイル 372-3.jpgファイル 372-4.jpg

6月の全部の土曜日の4回 10時~11時30分頃 常滑市市民講座を担当することとなった。
今ごろ宣伝していても遅いのだが、定員40名で少しだけ席が空いているようだ。
 ◎知多半島はふしぎな国だ
を4回、お楽しみに。
 *常滑市にお住まいの方か常滑にお勤めの方が対象だが、他市の方はどうなのだろう。添付の窓口に相談してみてほしい。
 お知らせまで。

 ●ほぼ定員になったそうです。ありがとうございます。

2017.05.28

 ピアノコンサート

ファイル 371-1.jpg

「何でブログに私のコンサートの宣伝を書かへんの」
  「これは郷土史研究会のブログやから具合悪いやろ」
「うちがはんだ郷土史研究会の事務局長やということを忘れたのと違う?。もう手伝わんよ!」
  「どうもすみません。お許しください」。

てなことで、斉藤優子(当会の事務局長&西まさる編集事務所代表&音楽家&西まさるの配偶者)が今年も「えすぷりのディオコンサート」に出演するお知らせをさせていただく。
 6月18日(日)名古屋・伏見の電気文化会館ザ・コンサートホールで2時に開演。
 今年はドビユッシーを弾く。

 聞けば昨年のコンサートで弾いたベートーベンの「運命」は極めて洗練・整頓された名曲で比較的弾きやすい曲らしい。その点、ドビユッシーは「ノリ」が大切で、ノリノリで弾かなければ恰好がつかない曲という。ぼくは門外漢だから、そうなの…、と言うだけだが、このところの練習を横目で見ているとそんな感じだ。妙にノっている。

 都合の悪いことに6月18日は第3日曜日。当会の例会である。残念だがぼくはいけない。
 ご興味のある方はどうぞ聴きに行っていただきたい。入場料は2500円だが、ぼくがもらった招待券がまだ数枚ある。もちろん差し上げます。お知らせ願いたい。

2017.05.20

 弱者救済所跡・史跡公園に89名

ファイル 370-1.jpg

 名古屋市千種区の民生委員・児童委員のみなさんが榊原弱者救済所跡を視察に来られた。なんと89名の団体である。史跡公園の視察団としてはこの人数は新記録。保存会のスタッフの慌てること慌てること。
 というのは事前の申し込みは80名だった。一同は史跡公園を見学の後、鴉根区民館で西まさるのミニ講演を聴いていただく流れだ。その区民館のホールは机を並べると72席がいっぱいなのだが、何とか詰め込んで82席を作っていた。そこに一報、「委員が89名、市の担当者が数名です」。
 大慌てで90数席を用意した。

 満員のホールは熱気もあった。また、今回は保護司会ではなく民生委員の会であったことも嬉しい。
 こうして榊原亀三郎の偉業が全国に知られてゆくことは意義のあること。がんばっていく。

2017.05.16

 日本福祉大学が弱者救済所跡を学びに

ファイル 369-1.jpg

 日本福祉大学社会福祉学科の学生28人が鴉根の榊原弱者救済所跡史跡公園へ。フィールドワークである。
 愛フルタウン見学、救済所跡地見学の後、鴉根区民館で「榊原亀三郎と救済所の意義と実際」を60分。西まさるが話した。

 学生は大学生というものの1年生。ちゃんと聴いてくれるのかという心配があった。と言うのも3年ほど前にぼくは、福祉大の付属高校に呼ばれ、同じテーマで話したことがある。2年生がたしか150名ほど。その日の体験は思い出しても逃げ出したくなるものだった。
 まず先生がぼくを紹介してくれた。その時間は凡そ5分ほど。そして「西まさる先生どうぞ」と言われ、ぼくが壇上に上がる。
 目を疑った。前列、2列目、3列目。ほとんどの生徒が眠っている。机に顔をうつぶせて眠っている。誰も壇上のぼくを見ていないような雰囲気だ。
 まだ、ぼくが話を始める前でこれだ。ああ~、どうすればいいのだ。
 先生方が席を廻り、生徒を揺すって起こそうとするが熟睡する子は起きようともしない。
 それからぼくの魔の50分が始まったのであった。

 そんなトラウマがあったので、この日も怖かった。
 しかし、さすが福祉を志して福祉学部に入った学生たちだ。28名のうち25名はしっかりと話を聴いていた。あっぱれ!
 中の数名は目が光っていた。学ぼうとする目だった。熱心にノートもとっている。ぼくが緊張したほどだった。
 55分の講義を終え、質疑応答の時間を持った。
 4人の学生の質問を受けた。どれも鋭い。福祉問題の核心を突く質問だった。
 「福祉と保護の境界線はどこか?」。
 「児童虐待としつけの区別はどう見分けるのか?」。
 「差別する心についての見解は?」。

 おいおい、ぼくにそんな難しいことを訊くなよ・・、と思わず言いたくなる時間だった。逆に勉強になった。
 福祉大福祉学科1年生。鉄は熱いうちに打て、じゃないが、福祉に対する意欲のある今こそ、大いに学んでほしい。心底、そう思った。

2017.05.01

 ど根性とあだ名

ファイル 368-1.jpg

わが事務所の前のコンクリートに一本の草が生え、伸びている。
間もなく草の先端に花が咲きそうだ。蕾がある。
今さら、古い流行りを言いたくないが、まさに「ど根性草」だ!

この事務所の主に欠けていること。それは努力、粘り、辛抱、根性。全く欠けている。
確か中学生の頃だった。先生が「好きな言葉や格言は?」と訊かれ、みんなはそれぞれ「努力に勝る天才なし」とか「ローマは一日にして成らず」「失敗は成功のもと。失敗を恐れるな」など答えていた。なかには「雨だれ石を穿つ」など知ったようなことを言う秀才もいた。
 ぼくは腹で笑っていた。ぼくの好きな言葉は、
「棚からぼた餅」「果報は寝て待て」「濡れ手に粟」。一番好きな言葉は「一攫千金」である。どうだ!
先生はぼくを指した、「君の好きな格言は?」。ぼくはやわらと立ち上がり堂々と答えた。
「楽あれば苦あり、苦あれば楽あり」で~す!。
先生は満足そうに頷いた。通知簿は5だった。

 そんな要領の良い生徒だった。努力など大嫌いだった。

 先に書いた「雨だれ石を穿つ」と答えた子は東大にストレートで入った。目立たない子だったがそれこそ雨だれのように、こつこつと勉強していたのだろう。仇名は「こしょや」だった。「こしょや」は古書店。眼鏡を鼻にかけた古本屋のおやじの雰囲気があった。
子どもは友だちや先生の仇名をつけるのがうまい。まさに天才である。

 うちの女房の学生時代の友だちに「おばちゃん」がいる。高校生の時の仇名という。
「いくらなんでも女子高生におばちゃんはないだろう。嫌がっているやろう」ときくが、「そんなことない。案外気に入っているみたいや」と言う。「容姿がおばちゃんっぽいの?」「違う、世話焼きで、一丁かみで……」。
わかった、困った人をみると放っておけない、「どないしたん、どないしたん」と、よけいなお世話もかって出る…、いるいる、そんなタイプ。
だから、おばちゃんは卒業して40年近いのに女房のところに時々「どないしてんのや」と様子を伺うメールをしてくれている。
 差出人は「おばちゃんより」とあるから、案外、気に入っているようだ。もうすっかり本当のおばちゃんになっているから違和感はないだろうがね。失礼!

 ちなみにわが女房の学生時代の仇名は「園児」&「ゆっぴ」だった。わかるわかる。園児そのまんま。
 ついでにぼくも白状しておかないといかんだろう。
ぼくは、小学校の時は「ナポレオン」。中学の時は「酋長」だった。
ああ、友だちがぼくをどう見ていたいたのか、今ならよく理解できる。生意気で、強引で、自己中心で、いばりくさった子どもだったのだ。
今さらながら反省します。

2017.04.19

 会場はアイプラザ半田に

ファイル 367-2.jpg

 はんだ郷土史研究会の例会『ふるさと講座』は141回を迎えた。毎月1回だから12年、一度も休まず、一度も遅れず開催して来ることができた。
 140回のほとんどは乙川公民館大ホールを使っていた。参加人数は一番少ない時で46名、一番多い時は303名だった。平均は約67名。のべ9476名である。

 ずいぶんと多くの人にご出席いただいた。
 偉い人も沢山来て頂いた。分かりやすい人をあげれば、大村愛知県知事。知事のお父さんもはるばる碧南市から来てくれた(剣舞を踊ってくれた)。
 榊原半田市長は何度来ていただいただろう。10回以上かな? 代議士は伊藤忠彦議員は数度。奥様も来た。伴野豊議員も来た。

 選挙になると愛知県議は言うに及ばず、半田市議は続々と来る。・・選挙だからだ。ここには票があると思っている…?

 選挙でないのに140回のうち、130回は出席している半田市議がいた。山本博信先生。当選5回のベテラン議員だ。しかし、前回の選挙で次点。ああ、この会には票はなかった!? のか。
 山本さんすまない。今度はもう少し票を集める!

 141回の4月例会からアイプラザ半田に会場を変更した。
 会場変更に伴い、出席者も減るとの心配もあったが、まったく心配なしだった。春祭当日とバッティングしているのにも関わらずご覧の盛況だった。
 今後、第3日曜日午後1時半に休まず、遅れず開催する。
 どうぞ、ご出席を。予約不要である。

 *写真壇上は、「伊勢湾台風の体験と教訓」を話す、早川光雄さん。いい話だった。講座の後、もう一度、範囲を広げて「伊勢湾台風の体験談」を話す(訊く)講座を企画してほしいとの声もあった。

2017.04.12

 桜かな

ファイル 366-3.jpgファイル 366-4.jpg

 ぼくの住む半田市乙川という地域は2万人近くが住む町なのだが実に何もない町だ。人も歩いていなく、時々見かける程度。華やかなことは年に一度のお祭だけ。後はじっと息をこらして、周囲に嫌われないように暮らしている……。
 そんな乙川だが、駅前の桜は実に見事だ。

 この桜は昭和18年に軍需工場・中島飛行機が半田市に進出、武豊線に「乙川駅」が誕生した時に植えたものという。
 「桜の苗はもちろん、駅舎も、駅の中の金庫も、湯飲みも茶碗も中島が贈ったものだよ」と、かつての中島飛行機の工場長が言っていた。

 あれから73年、中島飛行機はなくなったが桜は生きている。見るからに老大木。幹回りは数本重なり合って5㍍もあろうか。
 誰が世話をするわけではない。

    七十年ほったらかしの桜かな

である。だれか下の句をつけて歌を完成させてほしい。

2017.03.29

 『知多半島郷土史往来』5号 発行!

ファイル 365-1.jpg

 隔月発行の『はんだ郷土史だより』はA4版の8頁。紙幅がないのでまとまった論文は載せられない。そこで別冊の冊子を論文発表の場にしようと『別冊・はんだ郷土史だより』を出したのが始まりである。
 それを2回目から改題して『知多半島郷土史往来』となった。つまり、今回が5号だが、初号から数えれば6回目の発行になる。
 自画自賛だが、なかなか評判の良い本だ。その証拠に初号も1号も完売。事務局にさえ1冊もない。

 今回の5号は下記の力作が掲載されている。

▽淀殿は知多半島で生きていた ◎西まさる
▽福澤諭吉と知多半島 ◎森下高行
▽すべては音吉から始まった ◎篠田 泰之
▽平地神明社の算額 ◎吉田 政文
▽昭和12年頃の成岩商店街 ◎竹内 和子
▽我が家へ黒鍬がやって来た ◎竹内 雄幸

▽長良川鉄道・大糸線・篠ノ井線の旅 ◎山本 博信
▽榊原弱者救済所跡保存事業について ◎同保存会
▽挿絵・「知多半島の風景」◎スギウラ フミアキ
▽       同    ◎斉藤 優子
▽知多半島は尾張か三河か。知多郡は家康の直轄領 ◎西まさる

 上記は掲載順の目次。
 機会をみて各論文の紹介をするつもりだが、きょうは刊行のお知らせまで。

●お申し込みは事務局=当HPの「お問い合わせ」から、または(0569-22-7219)FAXも。
●同盟書林(半田市)でもお求めになれます。
●定価・千円(税込)。送料2百円(2冊以上無料)・後払い。

 

2017.03.23

 豪商と運河 お茶

ファイル 364-1.jpgファイル 364-2.jpg

 久しぶりに半田の中心部にある中村町に行った。
 かつては知多半島を代表する豪商の豪邸が建ち並んでいた一帯である。「かつて」と書いたが、今も豪商邸は残る。小栗萬三邸、新築されているが中埜邸、住人はいないが屋敷は保存されている中埜半六邸などである。
 きよう来た主な目的は、あるコラムに書いた「豪商邸の裏庭と蔵」についての裏をとっておきたかったからだ。

 昔、千石船で運ばれる荷は沖で小舟に積み卸しされる。小舟は運河を使い町へ。運河は廻船問屋など豪商の裏庭に直接来る。そこから豪商の蔵は隣接。まさに合理的に流通が完結するのだ。

 自信はあったが、今はどうだろうと見てみた。掲出の写真の通り、運河=蔵の入口であった。
 豪商は運河に沿って屋敷や蔵を建てたのか、屋敷や蔵に沿って運河を造ったのか、…まあ、同時進行だろうね。ともあれ、これらの運河は豪商たちの「私道」である。どうぞ、好きにしなさい。

 この屋敷は中埜半六邸。久しぶりだな、ちょいと庭に顔を出したのが災難!
 「あら、西さん、久しぶり。2階でお茶の試し飲みみたいなことをしているので、のぞいていてあげてよ」
 時間がないし、足が痛いので気が重かったが、声の主は、いつも仲良くしていただいている半六邸保存グループの会長・杉浦明巳さん。
 さらに、そのお茶の会に参加者が少ないのを気遣っての勧誘だから、断るわけにもいかない。

 2階にあがる。お茶っ葉が「煎茶」「深蒸し茶」「玉露」・・と並べてあって、お茶の葉の蘊蓄を聞かされる。
 「どのお茶もお茶の木は同じだが、お茶の葉は違う・・」
 ほんまかいな? と思いながら暫し聞くが、結論は「おなたたち凡人にはお茶の良さは解らない」のようだ。
 ならば、ご説ごもっとも。
 時間がないので、肝心のお茶が出てくる前に帰らざるを得ない。金2000円也は惜しかったが、「お茶はバカには解らない」との説諭料なら安い? はずはないよね。
 お土産にお菓子を貰って運河を見ながら帰った。喉が渇いた。番茶でいいから飲みたい昼だった。