記事一覧

2018.05.07

 芦原温泉の「べにや」が燃えてしまった

ファイル 401-1.jpg

 辛いニュースが入ってきた。芦原温泉の老舗旅館「べにや」が全焼した。ニュース番組で見た。You Tubuでも見た。赤い炎が大きな屋根を破って燃え上がっていた。

 「べにや」は、ぼくの金沢の実家の祖父が贔屓にしていた旅館。子どもの頃のぼくも連れてきてもらったことが何回もある。
 それからぼくが社会人になり東京や大阪に勤めていた頃、帰省の際に何度か泊まっていた。家内とも何度か泊まった。
 小学校低学年の頃の娘を連れて行ったことがある。子どもはお子様料理である。ところが娘、自分に出された料理はそっちのけで、ぼくたちの料理を食べること食べること。余程美味かったのだろう。呆れるほどだった。娘が生まれた初めて食べた本格的な会席料理がこれだった。
 そんな思い出がいっぱい詰まった旅館である。

 半田の住人となって一度、家内と泊まりに行った。その時の実感。「こんな高い店だったのか…」。もう貧乏したぼくには行ける店ではなくなっていた。それはそうだ、天皇陛下や石原裕次郎が泊まる店。ぼくらのクラスでも二人で10万円近くはいる高級旅館なのだ。もう高嶺の花だ。

 でもどこかに、「ぼくのべにや」があったようだ。
 昨年、榊原弱者救済所をあわら市の保護司会さんが視察に来られた。いつものようにぼくがミニ講演をしたのだが、その際、「祖父の代から、べにやが常宿」と言うと、あわらの方々から、ホウーという声が漏れた。ちょっと自慢だった。
 昨月、芦原温泉に一泊した。べにやには行けないのでリーズナブルな店にした。その晩、仲居さんが「お客様は芦原は初めてですか」と言うので、「いやいや祖父の代からべにやの客だよ」と言うと、仲居さんの態度が変わった。「べにやの馴染みの上客」に見えたのだろうか。
 そんなブランド力があの老舗旅館にはあったようだ。

 そんなべにやが燃えちゃった。
 追悼の思いを込めてここに書いておく。

コメント一覧

石井    (2018.05.31(木) 16:59 )

西さんへ
ご無沙汰しております。
尾張大野歴史研究会の石井です。
大変申し訳ありませんが、連絡先を失念しまして、この場をお借りする無礼をご容赦ください。

弊研究会の高橋仁が昨日他界しました。

存命中は大変お世話になりました。
故人に代わりまして御礼申し上げます
つきましては、葬儀の連絡をさせて下さい。
6/1 18:00通夜
6/2 13:00告別式
場所は知多市新舞子のJAやすらぎセンター。
香典は固くお断りします。

石井丈也さま    (2018.06.01(金) 16:49 )

お知らせありがとうございます。
高橋さまにいろいろとご指導いただいたことを思い出します。お悔やみに伺いたいのですが本日は4時から来客の予定。あす2日は鴉根の救済所跡に名古屋の民生委員会が視察に来られ、小生も参加せねばなりません。その点、お察しください。弔電を打ちました。みなさまによろしくお伝えください。
 なお、小生の個人メールは、nqf59302@nifty.com です。また、ご連絡ください。