記事一覧

2017.04.19

 会場はアイプラザ半田に

ファイル 367-2.jpg

 はんだ郷土史研究会の例会『ふるさと講座』は141回を迎えた。毎月1回だから12年、一度も休まず、一度も遅れず開催して来ることができた。
 140回のほとんどは乙川公民館大ホールを使っていた。参加人数は一番少ない時で46名、一番多い時は303名だった。平均は約67名。のべ9476名である。

 ずいぶんと多くの人にご出席いただいた。
 偉い人も沢山来て頂いた。分かりやすい人をあげれば、大村愛知県知事。知事のお父さんもはるばる碧南市から来てくれた(剣舞を踊ってくれた)。
 榊原半田市長は何度来ていただいただろう。10回以上かな? 代議士は伊藤忠彦議員は数度。奥様も来た。伴野豊議員も来た。

 選挙になると愛知県議は言うに及ばず、半田市議は続々と来る。・・選挙だからだ。ここには票があると思っている…?

 選挙でないのに140回のうち、130回は出席している半田市議がいた。山本博信先生。当選5回のベテラン議員だ。しかし、前回の選挙で次点。ああ、この会には票はなかった!? のか。
 山本さんすまない。今度はもう少し票を集める!

 141回の4月例会からアイプラザ半田に会場を変更した。
 会場変更に伴い、出席者も減るとの心配もあったが、まったく心配なしだった。春祭当日とバッティングしているのにも関わらずご覧の盛況だった。
 今後、第3日曜日午後1時半に休まず、遅れず開催する。
 どうぞ、ご出席を。予約不要である。

 *写真壇上は、「伊勢湾台風の体験と教訓」を話す、早川光雄さん。いい話だった。講座の後、もう一度、範囲を広げて「伊勢湾台風の体験談」を話す(訊く)講座を企画してほしいとの声もあった。

2017.03.29

 『知多半島郷土史往来』5号 発行!

ファイル 365-1.jpg

 隔月発行の『はんだ郷土史だより』はA4版の8頁。紙幅がないのでまとまった論文は載せられない。そこで別冊の冊子を論文発表の場にしようと『別冊・はんだ郷土史だより』を出したのが始まりである。
 それを2回目から改題して『知多半島郷土史往来』となった。つまり、今回が5号だが、初号から数えれば6回目の発行になる。
 自画自賛だが、なかなか評判の良い本だ。その証拠に初号も1号も完売。事務局にさえ1冊もない。

 今回の5号は下記の力作が掲載されている。

▽淀殿は知多半島で生きていた ◎西まさる
▽福澤諭吉と知多半島 ◎森下高行
▽すべては音吉から始まった ◎篠田 泰之
▽平地神明社の算額 ◎吉田 政文
▽昭和12年頃の成岩商店街 ◎竹内 和子
▽我が家へ黒鍬がやって来た ◎竹内 雄幸

▽長良川鉄道・大糸線・篠ノ井線の旅 ◎山本 博信
▽榊原弱者救済所跡保存事業について ◎同保存会
▽挿絵・「知多半島の風景」◎スギウラ フミアキ
▽       同    ◎斉藤 優子
▽知多半島は尾張か三河か。知多郡は家康の直轄領 ◎西まさる

 上記は掲載順の目次。
 機会をみて各論文の紹介をするつもりだが、きょうは刊行のお知らせまで。

●お申し込みは事務局=当HPの「お問い合わせ」から、または(0569-22-7219)FAXも。
●同盟書林(半田市)でもお求めになれます。
●定価・千円(税込)。送料2百円(2冊以上無料)・後払い。

 

2015.02.19

 恒例『わが家のお宝展』

ファイル 278-1.jpgファイル 278-2.jpgファイル 278-3.jpg

 年に1回の「お宝展」。
 今年は日露戦争の戦況を伝える新聞社の号外355枚に加え、当時の写真が60枚ほど、それに日露戦争時の軍服、勲章、砲弾などが展示された。
 号外は本美吉朗さんのコレクション。軍服は杉江久男さんの祖父、仲太郎さんの物。
 貴重な品々に来場者から感嘆の声が。

 本美さんの祖父、杉江さんの祖父は共に日露戦争に出征して、軍功をあげて帰還された方。
 お二人とも帰還時に勲章とお金が下賜されている。共に軍曹。下賜金は共に「金参百円」だった。
 当時の300円は今の貨幣価値に直すと、300万円? 500万円?
 こんな下世話な話にも花が咲いていた。

 号外をしっかり読むと、〝日露戦争は負けていた〟ことがはっきりと分かる。
 大本営発表の「勝った、勝った」の戦意高揚報道に国民が騙されていたことが分かり、複雑な気分だ。
 終戦条約を批判する新聞は最終的に「発行禁止」になっている。
 今流に言えば、秘密保護法に基づく報道の規制である。政府を批判するとこうなるのだ! 怖っ! 

 鉄道展は、主に、山本博信さんのコレクションに半田市鉄道資料館の協力の品々。亀崎小学校が作った「鉄道唱歌」も紹介された。
 鉄道グッズに興味のない、ぼくには分からないが、食い入るように見る人の熱心な目が印象的だ。

 豊川市から、彦根市からわざわざご来場の人が。
 鉄っちゃんは凄い。

 当日の『ふるさと講座』はお宝展の流れもあり115名の出席。久しぶりの100人超えだ。
 沼津市の〝沼津史談会〟さんもマイクロバスで10名が出席してくださった。遠路、ありがとうございます。

 写真の講座の壇上は、沼津史談会の井口賢明氏。氏は、日露戦争時の陸軍少将(後に大将)井口省吾の係累。井口大将の話を50分してもらった。井口大将は軍人としてより、陸軍大学校教頭、校長など、教育者として功績があったと習う。

2014.10.06

 知多半島郷土史往来4号

ファイル 260-1.jpg

 やっと刊行できた。
 今まで刊行が出来なかった理由1、資金難。
 今まで刊行が出来なかった理由2、資金不足。

 困ったことだ。

 では、刊行できたので資金不足は解消したの?
 とんでもない。
 金はないが、どうしてもこの論文集を出さねばならない時期が来たので、強行突破である。

 その理由は?
 世のため人のため、では決してない。

 「吉原遊郭の支配者は南知多衆」=西まさる
 「半田市最初の銀行とお札」=本美吉朗
 「東海航業知多航業の軌跡」=森下高行

 など、本邦初公開の新説の論文がぼくの机の引き出しに長く眠っていて、イライラして仕方がなかったからだ。

 どれも地域限定のマイナーな事柄だが、実に面白い。

 ご一読を乞う。

 表紙は「須佐おどり」をイメージ。

  ♪天神山から千両箱投げ出した
      須佐のみなとは金だらけ 金だらけ

 かつて、南知多・須佐の湊は、金だらけだった。
 何の金?
 吉原遊郭マネーだよ。吉原の金がいっぱいだったのだ。

 どうぞ、ご一読を。
 当HPの「当会関係書籍」へどうぞ。

2014.08.27

 中島飛行機 「制空」

ファイル 256-1.jpgファイル 256-2.jpg

 吉原遊郭の原稿、郷土史だよりの発行とバタバタしていてブログをみる時間がなかった。
 そして、しばらく郷土史のメールも開いていなかった。
 昨晩、受信ボックスを見て、びっくり、「中島飛行機」関係の問合せやら要望やら苦情やらが10通近く。
 前回の中島ノートに注目が集まったようだ。(数ヶ月以内に単行本になります)
 お便りの主の多くは中島飛行機で青春を過ごした元学徒動員工の方々だ。
 返信の遅れを謝罪します。

 お詫びに合わせ、こんな物がぼくの手許にある情報もご提供する。
 昭和20年8月公開予定だった映画「制空」。
 原作・監督=亀井文夫の本格的な劇場公開映画である。舞台は中島飛行機半田製作所。主題歌「制空魂」は作詞・西條八十 作曲・古関祐而 錚々たるスタッフだ。
 ロケも同社内だから、昭和20年4月当時の社内が映っている。
 エキストラも当時の学徒、女子挺身隊だ。可愛い挺身隊=女子学生の行進も観られる。
 内容は、言わずと知れた「戦地は飛行機を待っている。増産に励め!」がベースの国策映画。
 だが、亀井文夫は社会派監督だったので、どこか厭戦ムードも感じる。
 8月劇場公開予定だったが終戦。当然、お蔵入り。それがなぜかぼくの所に回って来て、フィルムをDVD化したのだ。(金がかかったぞ!)

 版権(=大日本帝国)はともかく、所有権はぼくにあるので、ダビングして配布しようと思う。

 ご希望の向きはメールでお知らせ願いたい。
 送料+ダビング料で1千円。後払いで。 
 コメント欄は公開されてしまうので、当会HPの「問合せ」からどうぞ。

 歴史的映像。大切にしたい。

 *写真は映画のトップシーン。飛行機が勇ましく飛ぶシーン。
 *2枚目は「彩雲の不時着」。映画とは無関係。

2014.06.26

 弱者救済所跡保存会のHPが出来た

ファイル 247-1.jpg

 「榊原弱者救済所跡保存会」のホームページがほぼ完成。
 まだ、工事中のところも多く、発展途上だが、これでようやく全国に発信できるようになった。

 今までの「場所はどこだ」、「見学に行きたいのに場所が不明」
のお叱りが減ることだろう。

 ためしにクリックしてみてください。

■これが今のトップ

http://kamesaburo.com/

 です。メールやブログは来週にも出来るはず。
出来ばえはいかがでしょう。徐々に良くなるはずです。時々のぞいてください。
 御機嫌よう。

2012.12.31

 新年あけましておめでとうございます。

ファイル 191-1.jpg

 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 日頃のご指導に感謝して、おせち料理を進呈します。
 日本一の料理人が作ったおせちです。
 どうぞ、お召し上がりください。

  では、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

       はんだ郷土史研究会・一同

2012.12.29

 2012年 はんだ郷土史研究会の大ニュース

ファイル 190-1.jpg

1、「豊田佐吉翁発明 動力織機発祥の地」の記念碑を建立。
半田市乙川で明治産業革命の旗手たる〝動力織機〟が稼働したことをひろく報知できた。
   5月12日、400名近い人の参加を得て、華々しく「除幕式」「記念式」を挙行できた。

2、『知多半島郷土史往来 3号』を発行できた。
   隔月発行の『はんだ郷土史だより』に紙面の関係で掲載できない大きな論文などを何とか発表したい。その一念で発行してA5版の冊子。今回は、林董一先生(愛知学院大学名誉教授)の寄稿もいただき、さらに充実の内容だった。

3、「わが家のお宝展」「乙川十二社めぐり」「研修旅行=鳴海・有松・桶狭間」の恒例行事を成功裡にこなした。
 そして、毎月の例会『ふるさと講座』、隔月1日発行の「はんだ郷土史だより」を休む事なく出せた。実は、これが一番目立たないが、エネルギーが要り、大切なことなのだろう。

 来年も愚直にこれを繰り返すつもりだ。
 では皆さま、よいお正月をお迎えください。

 *写真は「記念碑」の建つ、知多信用金庫乙川支店の支店開設のテープカットの模様。「記念碑」とは直接関係ないが、当会の伊藤正治会長を呼んでくれた。
 向って右から、知多信金理事長、伊藤、知多信金総代、半田市長、半田商議所会頭、石川藤八氏、乙川区長。
 ちっと場違いなようで恐縮だが… 嬉しいことでもある。

2012.01.22

 記念碑ブログをご覧ください

 ブログをさぼってばかり。
 折々においでくださる皆さんにお詫びします。

 というのは、「豊田佐吉翁発明 動力織機発祥の地」の記念碑建立事業にかかりっきりの毎日だからです。
 こんなに忙しいと思わなかった… のが正直なところ。
 本職は放り出して、これにかかりっきり。もちろん、手弁当+経費は持ち出し。
 わが愚妻(愛妻)のご機嫌もほとんど限界状態。

 とは言え、嫌なわけでもありません。乗りかけた舟がヨロヨロと船出を始めてみれば、元気を出して漕ぐしかありません。
 その様子を新しい「記念碑ブログ」に書いていきます。皆さまへの報告です。
 どうぞご覧ください。
  
 碑の除幕式まで、あと111日であります。

2011.10.26

 知多信乙川支店いよいよ施工に

ファイル 157-1.jpg

 知多信用金庫乙川支店の新築工事が始まった。
 完成は来年4月。開店は5月7日と決まった。
 新支店前には「豊田佐吉翁発明 近代力織機発祥の地」(仮称)の記念碑と碑をのぞむポケットパークができる。

 写真をクリックしてください。パース右下に石碑。ベンチ。植木など。そこに説明板も建ちます。

 佐吉翁の発明した新型織機は、日清、日露戦争で疲弊していた日本の経済の救世主になったほどの偉大なもの。それがこの地この場所で始動した。そして新型織機は、豊田佐吉・石川藤八の共同経営の「乙川綿布」で大活躍、良質な綿布を量産したのである。それもまさにこの場所だ。
 これを郷土の誇りとして記念するのが、この石碑である。 
 除幕は平成24年5月12日(土)。ぜひ、おいでいただきたい。
 そして、一緒に「万歳!」をしてください。

ページ移動


リンク集: スーパーコピーブランド専門店& スーパーコピー時計N級品& ロレックススーパーコピー& ウブロ時計コピー& シュプリーム財布コピー& キャップ帽コピー& ルイヴィトンコピー