記事一覧

2019.01.17

 はんだ郷土史研究会創立15周年記念会。いよいよ

ファイル 439-1.jpg

 すごく、バタバタしています。
 いよいよ1月20日が15周年記念会。榊原亀三郎を前面に立てての企画です。
 集客の心配をしていましたが、どうやら心配無用の案配です。
昼の部=アトラクションと一龍斎貞花の講談会はたぶん、450人を超えそう。と言っても会場は600人収容の大講堂。まだまた席はあります。
 今朝から2件電話が入りました。
「4人で行くが前売り券がほしい」。
「2人だが、どこに行けばチケットが買えるか」。

ありがたい電話であります。
 もう3日前なので「当日券をお求めください。前売りも価格は同じ、一千円です」。

 夕方から懇親会。
 これはがんばってご馳走を用意しすぎたようです。
 お寿司、オードブル、おそば。それにお抹茶コーナー。
もちろん、酒もビールもノンアルコール飲料もあります。

 実は紀念の「酒桝」を作ってしまった。
 升酒で乾杯の後、その桝はおみやげにどうぞ。とのことにしました。
 ああ、がんばりすぎてしまった。
 でもいいでしょう。15年に一度のことです。

2018.12.31

 鴉根は「愛の降る町」

ファイル 437-3.jpg

 このところ榊原亀三郎と榊原弱者救済所の宣伝に懸命である。
 それはこの1月20日に講談会+当会15周年記念会をやることになったせいもあるが、こんなに力を入れている亀三郎の認知度が少しも上がらないことに少々焦っていることもある。

 あの手この手のこの手の一つ、ぼくが長く担当している雑誌のコラムにも手を伸ばした。

 知多半島の情報誌『Step』。発行部数は137,900部というからもうミニコミの域を出ている雑誌だ。ここに10年来、「知多半島おもしろ検定」や「にしさんぽ」を掲載させてもらっている。

 昨年来、ドローンで空から撮った地域を随筆風に紹介する「ドローンで・知多半島パノラマ遊覧」を連載している。

 ここの2019年1月号は鴉根地域を採り上げ、鴉根地区を「愛の降る町」と紹介した。それを転載する。

2018.12.31

 杉治商会・杉浦治助の潜在的な人気

ファイル 436-1.jpgファイル 436-2.jpg

 12月例会は「怪人・杉浦治助と杉治商会」を西が講座した。
 全国一の飼料会社の社長で愛知県で一番の高額納税者であった大富豪。数多くの特許も持つ人。半田市ならずとも全国に知られていてもいい人だが、取材を通して感じたことは、「誰もが何となく知っているが誰もが何も知らない男」だった。
 例会での反応をみて、『はんだ郷土史だより』にも書いた。すると多くの人から「へぇ~」という声が届いた。愛知県内はもちろんだが、東京、大阪、沼津の読者の方々からもだ。

 「郷土の偉人として顕彰すべき」という当たり前の声。
 「杉治の経営理念やシステムは現在でも参考になる」という、ぼくには意外な声。
 「PL教団の前身を支えたのは杉治だったのか」という、ぼくにとって「待ってました!」という声。
 「新美南吉との関わりをもっと知りたい」という優等生的な声。
 「治助さんはわが家の近所の人で、子どもだった私には乞食のような風姿の怖い人に見えた」という郷土ならではの貴重な声。

 実に様々な声があり、驚くやら満足するやらである。
 さらに杉治を調べて発表したい。

 写真は12月例会の模様と杉浦治助。

2018.11.29

 榊原救済所に車椅子用の歩道が

ファイル 433-1.jpgファイル 433-2.jpg

 救済所跡地公園(史跡公園)の清掃を保存会の方々がするというので出かけていった。と言っても、ぼくは清掃をお手伝いする体力もないので、せめてもの罪滅ぼしに缶コーヒーを差入に行っただけだ。
 行ってみて驚いた。史跡公園の最深部に歩道を造っているのだ。それも木製の橋のような歩道をだ。

 近隣の小中学校の遠足のコースにこの史跡公園を入れてもらい、多くの児童、生徒に「亀三郎の偉業」を知ってもらいたい、という働きかけを数年間からしていた。学校はなかなか許可をしなかった。それは公園に来る県道に歩道がなく児童の遠足路としては危険。そんな理由からだった。
 それならば県道を迂回して車の少ない安全な道を通って史跡公園の裏側から来てもらおうという交渉をした。そして、それが認められ、ようやく学校から許可が出た。
 だが、その為には問題が2つ。公園に裏から入るには隣接する上中建築さんの敷地を通り、さらに竹藪の中に歩道を造らねばならない。
 上中建築さんは快く承諾してくれた。そして竹藪の中の細道。こんなものはお茶の子さいさいだろう。たった1メートル幅、長さも10メートルもない。竹を伐ってバラスで足元を固めれば素人でも簡単だ。
 そう思っていた。

 ぼくが公園に着くと、その歩道に板を張っているではないか。まるで小さな細長い橋のようなものを造っている。
 「何をしているのですか」
 「板で足元を固定している」
 「なぜ、そんなことを」
 「児童の中に車椅子の子が1人いるんだそうだ。その子のためだよ」。
 あっぱれ! その子1人のために車椅子でも通れる道を造っているのだ。 あっぱれ! これでこそ弱者救済所・史跡公園だ。これぞ亀三郎の心だ。

 目頭が熱くなる思いだった。

2018.11.23

 11月例会

ファイル 431-1.jpg

 11月例会は「中島飛行機はなぜ半田に進出したのか」を小松文五先生。「日間賀島の黒姫伝説・師崎の玉姫伝説」を西まさるがお話をした。
 小松先生の「中島飛行機・・」は、「なぜ半田に」というより戦前、戦後の軍用機事情とその軍用機の特長や性能を説明するという講座だった。先生は美術の教師だったこともあり、数十機の戦闘機や爆撃機のイラストはさすが、という出来映え。それを見ているだけでも楽しいほどだ。

 「なぜ半田に・・」の論説を小松先生はあえて回避したようだ。
 考えてもみれば戦中の半田市は中島飛行機半田製作所そのものといえる町。当時の人口7万人のうち3万人が半田製作所に働く人。半田市周辺の中小工場の大部分は同社の下請け。商店だって中島抜きでは成り立たない。今でも半田市民の何割かは中島所縁の人のはずだ。

 ちなみに、当11月講座の会場、アイプラザ半田は中島・山方工場のあったど真ん中。その目の前にある半田病院の前身は中島の病院。病院の中庭に中島時代の院長の石像が今も建っている。

 そんな場所で、半田にまるで所縁のない小松先生が半田製作所を語ることを躊躇されたのだろう。
 とは言え、軍用機の話も面白かった。会場の諸氏もそんな雰囲気だった。だれもが平和を願っているはずだが(自分が前線で危ない目をみない)戦争の勇ましい話は大好きなようだ。

 「日間賀島の黒姫・師崎の玉姫」は今度書く。

2018.10.08

 榊原弱者救済所も台風被害

ファイル 425-1.jpg

 10月2日、名古屋市天白区の更生保護女性会のみなさまが36名、榊原弱者救済所跡の見学に来られた。
 先月から3件・3団体がみえている。こうして少しでも榊原亀三郎と救済所の意義が伝わっていくことが嬉しい。

 現地での説明は保存会の前田理事や田中会長。それから鴉根区民館に移動して西が小1時間卓話をさせていただく。これがいつものパターンである。

 この日、現地に行ってびっくり、数日前の大型台風で史跡公園の竹が根元からひん曲がり、すでに赤茶けて枯れそうになっている。
 あの強い竹でも耐えられないほどの強風だったのだ。
 ご覧いただきたい。これでは廃墟だ。竹は丈夫だから蘇生する?
 どうしよう…。 悩みが増えた。

2018.10.03

 昔々の色紙を見つけた

ファイル 424-2.jpg

 先般、大坂の某店に数十年ぶりに立ち寄ったら壁に昔々のぼくの色紙が飾ってあった。
 昔々、ぼくが若い歌人だった頃の歌だ。懐かしい、そして恥ずかしい。けど、ここに記録しておいてもいいだろう。

  昼ふかき公園に鳩くくと鳴き イブ・モンタンのごとき雨降る

 いかにも若書きの短歌。こんな歌を詠んで悦に入っていたのだ。
 それにしてもよく残っていたものだ。書きものは百年も残る、とはよく言ったものだ

2018.09.26

 『吉原はこうしてつくられた』売れている?

ファイル 422-1.jpgファイル 422-2.jpgファイル 422-3.jpg

 長いこと「売り本」を書いているが、一度もベストセラーに近づいたことはない。10年ほど前、『悲しき横綱ー大碇紋太郎伝』が丸善のベスト本の1位になり、本屋大賞の候補本にノミネートされたことはあったが、本はさっぱり売れなかった。

 今回『吉原はこうしてつくられた』はちょっと動きがある。自慢話のようで本当は書きたくないのだが、アマゾンの売れ筋ランキングで、江戸の部で6位。日本史一般で108位になった。ぼくの本では異例の上位だ。
 5位も7位も8位も人気の磯田道史氏、その7位はベストセラーになった『武士の家計簿』。それを超えているのだからいい気持ちだ。

 二度とこんなことはないだろうからブログにあげさせてもらって自慢させてもらう。
 失礼!

2018.09.19

 小栗風葉あれこれ 9月例会

ファイル 421-1.jpgファイル 421-2.jpg

 9月例会は小栗忠彦氏をお招きし「小栗風葉」を語っていただいた。
 彼を紹介する際、ぼくは少々感情が高ぶって言葉がかなり走ってしまった。と言うのは、この地方の人にとって文学者の認知度(リスペクト度)があまりにも低いと常々感じていたからだ。
 「半田生まれの小栗風葉という作家は日本を代表するレベルの文豪なのだ! 夏目漱石、徳冨蘆花らと肩を並べる人なのだ! それなのに地元の人は風葉をあまりにも知らない!」と言いたかった。
 今日の講師、小栗忠彦氏を会場で紹介する時もあえてこう言った。
 「小栗さんは風葉の弟のお孫さん。その親戚には梅原猛や小中陽太郎がいる。梅原先生は日本を代表する作家で哲学者。小中先生は作家で人気のある言論人ですよ」
 そしてぼくは、こう毒舌を吐いた。
 「普通ね、都会ならね、小栗風葉の孫で梅原猛と小中陽太郎の従兄弟の人なら、みんなから一目置かれるよ。しかしこの地方ではね……」。
 ぼくも文学者の端くれだから、ちょっとしたジェラシーがあったのかもしれない。ちょと言い過ぎた。

 講座「風葉あれこれ」は良かった。身内ならではの秘話も聴けて貴重だった。また、機会を持ちたい。

 *写真は講演する小栗忠彦氏と風葉関係書籍。

2018.09.02

 一大事! 玄関に蜂の巣だ!

ファイル 418-1.jpg

 わが事務所の玄関には2つのシャッターがある。一つは入口の扉。もう一つは窓。その窓の方のシャッターを開けると、何と! 蜂の巣があった。
 まだ巣は小さいが、蜂は大きい。10匹は見える。
 怖い。怖い…、

 テレビで時々観る凶暴な熊ん蜂だったらどうしよう。
 テレビで観るような、ハンター業者を頼まなければならないのだろうか。
 一晩考えた。

 まだ蜂の巣も小さいから病弱な俺でも戦える! やるぞ! と言ったらわが女房は「私、大阪の家で雨戸にあった蜂の巣に近づき、蜂に攻撃されて顔が腫れ上がったことがある。私は嫌!」と不戦を宣言する。
 ちょと困ったが、親爺としては引き下がるわけにいかない。

 9月2日朝、敢然と宣戦布告。長袖シャツに帽子、軍手で武装。武器はアースジェット。そして蜂の巣を確保するためのアオキスーパーのレジ袋2枚。
 午前9時30分、天気晴朗さらに風もなし。
 戦闘開始! 
 まずはアースジョットの砲撃! 敵は不意を突かれ数匹は悶絶。しかし2匹はわれに向かい戦闘機のように突進してくるっ!
 さっと避けて、ジェットを噴射!
 そしてわが右手軍はレジ袋で敵の巣を包囲。そして確保。

 わが軍の圧倒的な勝利であった。
 この奮闘は金足農高と同等の感激であると明日の朝刊1面を飾ることだろう。

 以上、大本営発表。

ページ移動


リンク集: スーパーコピーブランド専門店& スーパーコピー時計N級品& ロレックススーパーコピー& ウブロ時計コピー& シュプリーム財布コピー& キャップ帽コピー& ルイヴィトンコピー